ネイルケアの流れ

ネイルケアの流れ

ネイルケアの流れ

ネイルケアと一口に言っても、色んな工程がありますよね。今回は基本的なネイルケアの流れを紹介します。お手入れは、フットのお手入れ同様、お風呂上がりか、ハンドバスの後が最適のタイミングです。お湯で温められた甘皮やルーススキンはやわらかく、お手入れしやすくなります。

 

 

 

まずは爪を整えます。エメリーボードか、ファイルを使って爪の長さと形を整えます。バッファーがあれば、爪の表面もケアしましょう。

 

 

 

次に甘皮の処理です。やわらかくなった甘皮をプッシャーでそっと押し出します。ルーススキンが硬くて動かない場合は、キューティクルリムーバーでやわらかくします。キューティクルリムーバーがなければ、決して無理をせずにそのままにしておいてもかまいません。無理にはがそうとすると爪の健康を損なってしまう危険もあります。ささくれがあればここで処理します。

 

 

 

ここまで処理し終えたら、一度手を洗って下さい。そうして、きれいにしてから、ネイルオイルやキューティクルオイル、ハンドクリームなどで仕上げます。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ