なぜ手は荒れるの?

なぜ手は荒れるの?

なぜ手は荒れるの?

いくら丁寧にネイルしても、手ががさがさでは映えません。それに手は年齢が隠せないものといわれていますから、手が荒れていると逆に年上に見られてしまう危険もなるわけですよね。

 

新宿 ネイル

 

通常、皮膚は外部の物質を吸収することはありません。それは、肌の角質層のバリア機能が働いて、肌を保護しているからです。つまり、手が荒れるということは、手のバリア機能が低下しているということなのです。

 

 

 

バリア機能を失わせる大きな原因は、乾燥です。そして乾燥の原因は水仕事などで肌の油分が失われてしまうことです。このバリア機能の低下は、加齢によっても起こりますが、洗剤に含まれる界面活性剤などが要因になっていることが多いのです。

 

 

 

職業柄、いろいろな薬品に触れていて、かぶれてしまう場合ももちろんありますが、そうしたお仕事をされていない場合には、お肌を乾燥から守ることが手荒れを防ぐ一番の近道になります。

 

 

 

水仕事の際は手袋を使い、そして必要に応じてきちんと保湿ケアをしてあげることで、手荒れは簡単に予防できます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ