手荒れを予防する方法

手荒れを予防する方法

手荒れを予防する方法

食器用洗剤に含まれる界面活性剤が、手の油分を奪い取って手が乾燥してしまうことが多いのは、すでに皆さんご存知ですよね。
ですから手荒れを予防するには、まずは界面活性剤に触れないことが重要になります。

 

 

 

食器用洗剤は、ほとんどの人がて直接手を使って洗っているのではないでしょうか。これを手袋をはめて洗うようにするだけで、手荒れや手の老化を防ぐ事ができます。
分かっていてもできないのはおそらく面倒だからですよね……その気持ちも分かります。

 

 

 

それならせめて、洗剤の量が少なくて済むように工夫するか、石鹸を使っての食器洗いに挑戦してみましょう。

 

 

 

油物や、汚れのひどいものは、一度紙でふき取って洗いましょう。そしてあらかじめ、水をためた桶に洗剤を溶かしておいて、その中に食器をつけ置きしてから洗います。

 

 

 

石鹸で洗う場合は、劇的な汚れ落ちは期待できませんが、通常の食事の内容であれば十分きれいにすることが出来ます。しかもエコのおまけつきです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ