ネイルアートの基本デザイン

ネイルアートの基本デザイン

ネイルアートの基本デザイン

ネイルアートの基本デザインを紹介します。

 

 

 

●フレンチネイルとは全体のベースとなる色に先端に違う色を使い、だいたいベース部分2:先端部分1ぐらいの割合の2カラーで作るデザインの事を言います。このフレンチネイルというのが一番基本的なネイルデザインとされています。

 

 

 

●グラデーションネイルとは爪の一番下の部分から上にいくにつれて徐々に色が濃くなっているデザインの事を言います。これは1色のマニキュアだけで作ろうとすると非常に難しいのですが、同系色の濃い色と薄い色を使うと簡単に綺麗にできます。グラデーションネイルは爪がとても綺麗に見えます。また先端部分にラメを使うとより綺麗に見えます。

 

 

 

●逆フレンチデザインとはフレンチネイルデザインの逆バージョンで先端からハーフムーンのあたりまでを同じ色にし、そこから下を違う色にするデザインの事を言います。フレンチネイルとちょっと違うのは逆フレンチデザインの場合はハーフムーンの形に下の部分の色を塗った方が綺麗に見えます。

 

 

 

●ダブルフレンチデザインとは名前の通りフレンチが2つ重なっているデザインの事を言います。ダブルフレンチを綺麗に見せるポイントは先端のフレンチ部分の色を2つ目のフレンチ部分の色より薄くしない事です。

 

 

 

●変形フレンチデザインと言うのは普通のフレンチ部分を斜めに入れたりするデザインの事を言います。このデザインは爪が短くても爪を綺麗に見せる事が出来ます。

 

ごく基本のデザインはこのようなものです。
ここにストーンやライン・ラメを上手く使うとより綺麗なネイルが出来ます。


ホーム RSS購読 サイトマップ