乾燥から手と爪を守る

乾燥から手と爪を守る

乾燥から手と爪を守る

手や爪が乾燥するのは、潤いが失われるからです。それを防ぐためにも、手や爪を乾燥から守るケアが必要になります。

 

女性の方なら家事で水仕事をする機会が多いですよね。その時になるべく水が手に触れないように気を付けましょう。それは水仕事が肌の乾燥をすすめてしまうからです。

 

肌に付着した水分は放っておくと次第に蒸発していきます。そのときに手や爪の水分までも、一緒に奪ってしまうからなのです。それを防ぐためにも、できる限り水分が肌に触れないようにするのです。

 

手を洗った後はすぐに水分を良く拭き取りましょう。さっとふき取っただけではまだ水分が残っています。それが乾燥の原因になるため、水分を残さないように気を付けます。

 

洗いものをするとき、掃除のときはゴム手袋をつけてから洗うのが基本です。洗いものは洗剤とお水を両方使いますから、手の潤いが余計に流出しやすくなります。

 

洗剤を見直しましょう。洗浄力のマイルドなタイプに変えるのもおすすめです。水仕事や料理の時は毎回ゴム手袋を着用するのが理想ですが、常につけられないこともありますよね。そんなときは手に直接触れる洗剤を、洗浄力の弱いタイプに変えるのです。

 

使用するお湯の温度に注意します。ゴム手袋などを使わずに水仕事をする場合は、お湯の温度はできるだけ下げるようにします。お湯の温度が高くなると、その効果で毛穴が開きやすくなります。それにより手の潤いが逃げやすくなってしまうのです。

 

外出時には紫外線と乾燥から手を守ります。外出時は手袋や日焼け止め、ハンドカバーを装着して紫外線と空気の乾燥から手と爪を保護します。


ホーム RSS購読 サイトマップ