爪が白くなった?

爪が白くなった?

爪が白くなった?

ネイルを綺麗で長持ちさせるためには、爪が不健康な状態ではいけません。
自分の爪が健康な状態であるかどうか、しっかりチェックしておきましょう。

 

まず、よく聞かれる悩みとしてあげられるのが、爪が白っぽくなっていること。
健康な爪は根元の半月型の部分を除いて、ピンク色になっていることが通常の状態であると言えます。

 

 

 

全体的に白っぽくなっている爪は
一般的には貧血などの鉄分不足によるものだと考えられています。
女性にはよく起こる貧血が、爪の健康状態を悪くしているのです。
稀に腎臓病の場合にも爪が白くなるという症状が見られます。

 

 

 

過労により、神経が衰弱すれば、白い斑点が爪に現れることも。疲労回復の為に、十分な睡眠をとることも大切ですね。

 

白くなる爪の中でも、最も注意してほしいのが、白く濁っている場合。
慢性肝炎・肝硬変・肝臓ガンなど、肝臓の重い病気を引き起こしている場合に、白く濁った爪になることがあるそうです。

 

上記のような重い病気の可能性はかなり稀ですが、
爪が白くなることは、肝臓が何かしらの理由で悪くなっている場合が多いと言えますね。
改善するには、鉄分を摂ることが最も効果的な方法となります。

 

 

 

ほうれん草、レバーといった鉄分が豊富に含まれる食物を意識的に摂ることをオススメします。
時間がなく、あまりこういったものを食物から摂取するのが難しい場合は、サプリメントや、ドリンクなどで補うのも良いと思います。
爪が元に戻るだけでなく、体の不調も改善されるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ